便利!ワードプレスでMySQLデータベースにcsvで一括登録できるプラグイン

JISAKU-HP
JISAKU-HP

不動産データをMySQLデータベースに登録するのが大変だなぁと思い「csv登録プラグイン」を作成しました。csvでの登録なのでエクセルを使って入力できます。

MySQLデータベースにcsvで一括登録する手順
  • step1
    データを収集してエクセルに入力

    エクセルは、収集したデータを加工しやすいので、データによっては入力時間が大幅に削減できます。

  • step2
    エクセルに入力したデータをcsv保存

    エクセルの別名保存で「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)で保存します。

  • step3
    csv登録プラグインをインストール

    csv登録プラグインをインストールしてください。この記事から無料でダウンロードできます。

  • step4
    エクセルで作成したcsvファイルをアップロード

    エクセルで作成したcsvファイルをcsv登録プラグインでアップロードしてMySQLデータベースに登録します。

エクセルで入力できるので簡単です

収集したデータをエクセルをつかって入力できるので、関数等を用いれば膨大なデータも入力時間が大幅に削減できます。

入力する項目は、データを登録したいテーブルのカラム名を、エクセルの1行目に入力します。

登録しないカラムはカラム名の入力を省いてください。

テーブルに存在しないカラム名を入力すると、アップロードする時にエラーになります。

2行目以降は、カラムのデータを各々入力してください。

データ入力が完了しましたら、編集する可能性もあるので、まずはエクセルファイルで保存していただき、そのあとで別名保存で「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)で保存します。

csv登録プラグインのインストール

csv登録プラグインは、無料でダウンロードしてお使いいただけます。

“csv登録プラグイン” をダウンロード csv_register.zip – 26 回のダウンロード – 2 KB

ダウンロードしたcsv登録プラグインを、ワードプレス管理画面でプラグイン>新規追加のプラグインのアップロードからインストールしてください。

インストールが完了しましたら、有効化してください。

ワードプレス管理画面のcsv登録をクリックしていただくと、csvアップロードが表示されます。

該当するテーブル名を入力し、csv保存したファイルを選択してcsv登録をクリックして成功するとデータベースにデータが登録できます。失敗した場合は、csvファイルの拡張子の確認(CSVではなくcsv)、カラム名の確認をして修正して下さい。

csv登録は500件でも1000件でもあっという間に登録できますので、大幅に時間が削減でき業務効率につながります。

csv登録プラグインの使い方や、データ収集やエクセルでの入力などでお困りの方は、お気軽に「LINE」や「お問い合わせページ」でお気軽にお問い合わせください。