ワードプレスの自作プラグインで作成した独自テーブルのデータを扱うための設定

プラグインを自作
ココナラでサービス展開中

独自テーブルのデータを扱うには、ワードプレスに認識させないといけません。wp-includes/wp-db.phpに記述している、下記のコードに追記すれば独自テーブルを扱うことができますが、ワードプレスが更新されると上書きされてしまいます。

	/**
	 * List of WordPress per-blog tables.
	 *
	 * @since 2.5.0
	 * @see wpdb::tables()
	 * @var array
	 */
	public $tables = array(
		'posts',
		'comments',
		'links',
		'options',
		'postmeta',
		'terms',
		'term_taxonomy',
		'term_relationships',
		'termmeta',
		'commentmeta',
	);

wp-contentディレクトリ直下にdb.phpを作成

wp-db.phpに追記するのではなく、wp-contentディレクトリ直下に下記のdb.phpを作成しましょう。

<?php
require_once( ABSPATH . WPINC . '/wp-db.php' );
class my_wpdb extends wpdb {
    var $tables = ['posts', 'comments', 'links', 'options', 'postmeta',
        'terms', 'term_taxonomy', 'term_relationships', 'termmeta', 'commentmeta' , 'manshon', 'tochi'];
}
if ( ! isset($wpdb) ) {
    $wpdb = new my_wpdb(DB_USER, DB_PASSWORD, DB_NAME, DB_HOST);
}
?>

独自テーブルを新しく作成した場合は、$tablesに追記してください。

タイトルとURLをコピーしました