WordPressで不動産ホームページ・売却査定サイトを作成

2019年10月7日

Left Caption
集客担当者
  • ポータルサイトでの集客では、他社も掲載しているので反響がなかなかとれない
  • 費用対効果の高い集客方法を探している
  • 自社のホームページで集客したいけど、作成費用は高いし難しいことはしたくない

と悩まれていましたら、この記事で紹介するWordPressを使った不動産ブログで、誰でも簡単に自社のサイトで集客することができます。

なぜなら、私も不動産営業で実際に実践して、たった1記事でサイトから集客できたからです。

この記事では、不動産サイトが簡単に作成できるようにワードプレスの導入や、賃貸と売買のそれぞれで集客できるコンテンツをワードプレスの不動産テーマをインストールで簡単に実装できるように紹介しています。

記事を読み終えてサイトが完成すると、高額な費用をかけずに、不動産ホームページで集客ができるようになります。

ポータルサイトの集客に頼りすぎていませんか?ワードプレスサイトを用いた手軽で安価な集客

早速ですが、ポータルサイトの集客以外での手軽で安価な集客方法をお伝えしたいと思います。

それは、ズバリ自社サイトをワードプレスで作成することです。

そもそもワードプレスって何?と思われるかもしれませんが

簡単にいうとPHP言語で開発された無料のブログソフトです。

レンタルサーバーを用意して、ワードプレスをインストールすれば、すぐにサイトが作成できます。

ワードプレス不動産テーマ「Vente」をインストールすれば、サイトのある程度の構成は約30分で完成します。これを利用して不動産サイトを作成していきます。

ワードプレスで不動産サイトを作成するメリット・デメリット

ワードプレスで不動産サイトを作成するメリットは、下記になります。

メリット
  1. ポータルサイトの決まった表示ではなく、見せたいところ、伝えたいことをオリジナルで作成できます
  2. 自社サイトに物件登録をするので、広告費やオプション費用などの支払いはなくサーバー代やドメイン費用で安価です

逆にデメリットは、

デメリット
  1. デザインの為、HTML、CSS等の言語を少しは覚えないといけない
  2. 物件紹介ページやコンテンツを考えて作成するのに手間がかかる

デメリットの1や2はホームページ作成経験がある人は苦にならないと思いますが、経験がなければ少しハードルが高いのではと思われるかも知れません。

私もそうでした。ですが、大丈夫です。

【テーマインストールで簡単です】WordPress不動産テーマ「Vente」

Right Caption
jisaku
サイト作成が初めての方でも作成しやすいように、マンション売却査定プログロムが利用できるテーマをダウンロードできます。他にも不動産コンテンツを随時、追加していき更新する予定です。また、テーマ「Vente」をベースとしたオリジナルのサイト作成や少しだけカスタマイズしてほしいのご要望にお応えします。ご要望・お見積りはお問い合わせ下さい。

「Vente」は下記の2種類があります。

ワードプレス不動産マンション売却査定テーマ「Venteマンション売却査定版」
無料でダウンロード

【コンテンツ内容】

  1. マンション売却査定
  2. マンションの過去の成約事例
  3. お問い合わせ機能
  4. メンバー登録機能

ワードプレス不動産テーマ「Vente」
11,000円(税込)でダウンロード

【コンテンツ内容】

  1. マンション売却査定
  2. マンションの過去の成約事例
  3. 土地売却査定
  4. 土地の過去の成約事例
  5. 一戸建て売却査定
  6. 一戸建ての過去の成約事例
  7. マンション物件情報
  8. 土地情報
  9. 一戸建て物件情報
  10. 賃貸物件情報
  11. 賃貸物件1棟表示
  12. 収益物件情報
  13. 物件検索(売買・賃貸)
  14. お問い合わせ機能
  15. メンバー登録機能
  16. 住宅ローンシュミレーション(マンション物件情報と 一戸建て物件情報)
  17. 物件データCSV登録
  18. パノラマ写真(マンション物件情報、一戸建て物件情報、賃貸物件情報)

随時、コンテンツは追加していきます。「Vente」をご購入いただいてから、6ヶ月間は無料でバージョンアップ版をメールで送付致します。ご希望の方はお問い合わせいただければ、ご購入いただいた時のお名前とメールアドレスを照合して返信致します。

パノラマ写真を撮影するのにおすすめです。


物件登録用SQL文生成
無料でダウンロード

【コンテンツ内容】

エクセルに各種別の物件情報を入力するだけで、SQL文を生成できます。phpmyadminでSQL文をコピペで実行で簡単に物件登録できます。

物件データCSV登録
無料でダウンロード

【コンテンツ内容】

CSVファイルに各種別の物件情報を入力して、不動産テーマ「Vente」のCSVアップロードで簡単に物件データを登録できます。

物件写真名称変更ツール
無料でダウンロード

【コンテンツ内容】

物件写真の名称を変更するツールです。
拡張子のJPGをjpgに変更します。
連番で採番できます。(例)c1_1.jpg

ファイルが複数あると入力が大変なので、下記手順で行えば楽にできます。

下記の手順はマンションライブラリーにアップロードする場合です。

  1. 任意の名称のフォルダーを作成します。
  2. 作成したフォルダーに名称を変更したい画像ファイルと拡張子変更.batと名称変更.batを入れます。
  3. 撮影したカメラによっては、拡張子がJPGになってるものがあるので、拡張子変更.batをダブルクリックしjpgに変更します。
  4. F5を押してフォルダーを最新の状態に更新します。
  5. 最初の番号にしたい画像を最後にクリックするように、sihtを押してフォルダー内の全ての画像を選択します。
  6. 選択した状態で、F2を押して任意の名称に変更します。
  7. 名称変更.batをダブルクリックして、先頭にml+物件IDを追加したいので0を入力します。
  8. ml+物件IDを入力してバッチファイルを終了します。

venteのインストール

すでにレンタルサーバーを契約していてWordPressの導入が済んでいる前提ですが、導入が済んでいない場合は、下記を参照してWordPressを導入してください。

下記の、インストールは「Vente」ですが、要領は同じですので、各々のファイルを選択してください。

Vente➡「vente.zip」、Venteマンション売却査定版➡「vente_m.zip」

「vente.zip」は、テーマファイルです。下記の手順でWordPress管理画面よりインストールしてください。

外観>テーマ>新規追加をクリック 。

テーマのアップロードをクリックして下さい。

ファイルを選択でvente.zipを選択してインストールして下さい。

データの登録方法やメール機能、メンバー登録機能の設定はこちら

不動産サイトの設定

インストールしただけでは、情報がなにもないので下記のような表示になります。

下記の設定は「Vente」の設定ですが、 Venteマンション売却査定版は機能が制限されています。設定方法は同様ですのでご参照ください。

サイトのタイトルと概要は、 ワードプレス管理画面の外観>カスタマイズ>サイト基本情報で編集します。

ワードプレス管理画面にログインして頂き、Vente設定>Vente設定をクリックします。
複数の設定項目がありますが、上から順番に解説していきます。

イメージ設定

イメージ設定

【イメージ設定】・・・設定していただくとトップページのファーストビュー部分を変更できます。

イメージ設定の設定後

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

マンション売却査定

マンション売却査定の設定

【マンション売却査定】・・・設定していただくとトップページのマンション売却査定コンテンツ部分を変更できます。

マンション売却査定の設定反映後

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

会社概要

【会社概要】・・・設定していただくとトップページの会社概要部分と【お問い合わせ】や【メンバー登録】の自動返信のメッセージを変更できます。

会社概要設定反映後

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

お問い合わせページ用メールアドレス

お問い合わせページ用メールアドレス

【お問い合わせページ用メールアドレス】・・・設定していただくと【お問い合わせ】や【メンバー登録】のメールアドレスを変更できます。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

メンバー登録ID・パスワード通知

メンバー登録といっても、作成済みの購読者権限のみのユーザーIDとパスワードをメールで通知する機能です。
ユーザーはログイン後に限定コンテンツを閲覧することができるようにします。

ユーザー>新規追加をクリックして下さい。
任意のユーザー名、メールアドレス、パスワードを設定してください。

メンバー登録ID・パスワード通知

【メンバー登録ID・パスワード通知】・・・設定していただくと【メンバー登録】の自動返信の メンバー登録ID・パスワード通知を変更できます。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

地図設定

地図設定の緯度・経度を入力することで地図を表示できます。

緯度・経度の調べ方はグーグルマップで対象地を右クリック➡この場所についてをクリックすると緯度・経度を調べられますので、編集してください。

地図設定

【地図設定】・・・設定していただくと地図、写真、案内文が表示されます。

地図設定反映後

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

住宅ローン金利設定

【 住宅ローン金利設定 】・・・設定していただくとマンション物件情報と一戸建て物件情報の住宅ローン計算に反映されます。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

カテゴリー抽出

カテゴリー抽出

【カテゴリー抽出】・・・ 表示したいカテゴリーのタイトルとスラッグを入力してください。

カテゴリーのスラッグは投稿>カテゴリーで確認できます。スラッグ名が日本語になっていたら、英字に変更してください。

カテゴリー抽出設定反映後

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

Q&A

【Q&A】・・・設定していただくとトップページに反映されます。設定するテーマは何でもよいのですが、不動産のお悩みに対する回答などを記載してみてはいかがでしょうか。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

フォント設定

【フォント設定】・・・設定していただくとサイト全体のフォントが反映されます。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

カラー設定

【カラー設定】・・・設定していただくとカラーが設定されます。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

googleアナリティクス設定

【googleアナリティクス設定 】・・・トラッキングIDを入力して下さい。

項目の入力後、管理画面「Vente設定」の最下部で「設定を保存」をクリックして頂くとサイトに反映されます。

メニューの追加

外観>メニューから、ヘッダーナビに追加したいメニューを追加してください。

デモページを確認する

mixed contentになっていないかの確認

サイトをhttps化(SSL化)しているのに、画像がhttpになっている場合は「mixed content」になります。

mixed contentとはSSL化されたhttpsページ内にhttp(非暗号化通信)で読み込んでいるファイルが存在(混在)している状態を指します。何故この状態が問題なのか?というと、ブラウザ側で「安全ではない」と判断されて読み込みがブロックされてしまったり、機能上の不具合がある状態で表示されたりする可能性があるからです。

options.phpでsiteurlの設定がhttpsになっているか確認して、httpであればhttpsに修正して設定を保存してください。

options.phpはワードプレス管理画面の状態で、アドレスバーでwp-adimin/以降のurlをoptions.phpに変更すれば「すべての設定」画面に遷移できます。

物件データの登録方法

物件データはcsv登録ができるのでエクセルを使って入力していき保存したファイルをワードプレス管理画面>Vente設定>csvアップロードでアップロードするだけです。種別毎にcsvファイルを用意していますのでダウンロードしてお使いください。入力が完了したファイルを編集して使う際は、1行目以外、入力している行を全て行ごと削除してください。値だけをBackspaceやDeleteで消しても空のデータが残るので、必ず行ごと削除してください。

登録したデータを編集する際は、phpmyadmin等をつかって編集してください。

募集情報の更新は、 Vente設定>募集情報更新から編集できます。

売却簡易査定コンテンツのページで集客して売却物件を預かりましょう

売買仲介で最も集客したいのは、売却物件ではないでしょうか。

売買の物件は広告掲載できる物件が少なく、広告掲載できる物件を頑張って入力して写真を撮って掲載したとしても、他社も同じ物件を掲載しているので反響がとれるかとれないか・・・。しかも売買のポータルサイトの広告費は高い!

売買で成功するには売却物件を預かることが重要です。不動産売却にも一括査定のポータルサイトがありますが、何せ「一括査定」ですから大手不動産会社はもちろんの事、5社から9社の競合と比較されます。その中から最終的に1社に選ばれるか一般媒介で複数社の中に選ばれるかです。もし選ばれなかったり、ただ査定書が欲しかっただけと言われてしまったら・・・。広告費が高い!

ポータルサイトの一括査定は、無料なのでエンドユーザーは気兼ねなく依頼しますが、不動産会社にとっては反響1本あたりに広告費用がかかってしまいます。売却物件を預かって成約できたらペイできますが、そもそも査定書をみたかっただけとか、5社から9社の中で選ばれなかったら、エンドユーザーとのやりとりが査定書作成の時間が無駄になってしまいますし、広告費用だけ没収されます。はっきりいって効率悪くないですか!?

Left Caption
集客担当者
自社サイトで不動産売却の集客ができたらなぁ・・・
Right Caption
jisaku
お待たせしました。売却簡易査定プログラムを主なコンテンツとした売却物件の集客ページを作成していきましょう。

不動産所有者は査定依頼をする前に業者の選別で時間がかかっている方や、何年後か先の話だから相場や簡易的な価格が知りたいと思われている方が多いのではないでしょうか。この不動産売却査定コンテンツと売却事例やマンション情報等と合わせてページを作成すれば他社と差別化が図れるのではないでしょうか。

上記のマンション売却査定は、マンション毎に記事を作成する方法ですが、下記のデモページで使用しているテーマはエリア毎のマンション、土地、戸建ての査定ができます。

venteのデモページはこちら

不動産売却査定プログラムを導入していただき、phpMyAdminを使いご自身でデータ登録していくと、デモの様な査定プログラムを利用できます。

導入しようか悩まれていましたら、こちらよりお問い合わせください。

住宅ローンシュミレーションを購入者向けのページに設置しましょう

Right Caption
jisaku
元利均等でのローンシュミレーションで、毎月の返済額が試算できます。 コードをコピペで簡単に設置できますが、計算式を覚えておくと利用方法やカスタマイズの幅が広がるかと思いますので、ご紹介しています。

物件データを登録しましょう

Venteでは物件データを、SQLに登録してphpファイルで呼び出すようにしています。

記事の作成方法は、〇〇学校区での物件や〇〇駅周辺の物件、町名での物件などで作成するのがおすすめです。それはなぜかと言うと、Googleで検索するとわかりますが、物件名だとポータルサイトが上位表示を独占しています。学校区や町名などで検索するとポータルサイトはそこまで上位表示されていないので狙い目です。

会員だけが閲覧できる物件情報で、会員登録をしてもらいましょう

作成した不動産サイトに会員登録を設置します。会員登録といっても、作成済みの購読者権限のみのユーザーIDとパスワードをメールで通知する機能です。
ユーザーはログイン後に限定コンテンツを閲覧することができるようにします。

よくある質問

自分で不動産サイト作成は難しくないですか?

レンタルサーバーを用意して、ワードプレスを利用すれば、すぐにサイトが作成できます。不動産テーマ「Vente」をインストールすれば1日で完成します。

不動産テーマ「Vente」の内容を教えてください。

「vente」はサイトのトップページでコンテンツを集約しています。不動産売却査定がメインコンテンツですが、下記のコンテンツを利用できます。不動産売却簡易査定システム、過去の成約事例(売買)、売買物件の表示、賃貸物件の表示、住宅ローンシュミレーション、会員登録、問い合わせ、投稿記事抽出スライド、会社概要。売却査定データや物件データはご自身で設定しなくてはならないですが、エクセルに入力していく感覚で簡単に入力できます。コンテンツ以外にも、ブログ記事の投稿によりオリジナリティーのある不動産サイトを作成していけます。

不動産一括査定サイトとの比較

ポータルサイトの一括査定は、無料なのでエンドユーザーは気兼ねなく依頼しますが、不動産会社にとっては反響1本あたりに広告費用がかかってしまいます。売却物件を預かって成約できたらペイできますが、そもそも査定書をみたかっただけとか、5社から9社の中で選ばれなかったら、エンドユーザーとのやりとりが査定書作成の時間が無駄になってしまいますし、広告費用だけ没収されます。はっきりいって効率悪くないですか!?ご自身でサイトを作成してホームページで集客することができれば、手間はかかりますが一括査定サイトと比較すると安価で集客できます。

すでに、不動産のホームページを持っている

すでにホームページをお持ちの場合、そのサイトとは別に不動産売却に特化したサイト作成はいかがでしょうか?複数の不動産会社のサイトを閲覧しますが、基本的に物件情報と社員ブログを掲載しているサイトが大半です。不動産査定コンテンツを利用したサイトは少ないので、差別化をするなら今がチャンスです。「Vente」の不動産売却コンテンツの内容は簡易査定と過去の成約事例が利用できます。エリアを熟知した不動産営業マンがデータを入力していくことで、売却を検討しているエンドユーザーにとって、納得のいくコンテンツになるはずです。

お問い合わせ

不動産コンテンツのカスタマイズやホームページ作成等のお問い合わせはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせは、下記を入力して下さい。