WordPressで不動産ホームページ・売却査定サイトを作成

スポンサーリンク
不動産ホームページを自作
  • ポータルサイトでの集客では、他社も掲載しているので反響がなかなかとれない
  • 費用対効果の高い集客方法を探している
  • 自社のホームページで集客したいけど、作成費用は高いし難しいことはしたくない

と悩まれていましたら、この記事で紹介するWordPressを使った不動産ブログで、誰でも簡単に自社のサイトで集客することができます。

なぜなら、私も不動産営業で実際に実践して、地場の不動産売却査定のたった1記事でサイトから集客できたからです。

この記事では、不動産サイトが簡単に作成できるようにワードプレスの導入や、賃貸と売買のそれぞれで集客できるコンテンツをワードプレスの不動産テーマをインストールで簡単に実装できるように紹介しています。

記事を読み終えてサイトが完成すると、高額な費用をかけずに、不動産ホームページで集客ができるようになります。

ポータルサイトの集客に頼りすぎていませんか?ワードプレスサイトを用いた手軽で安価な集客

早速ですが、ポータルサイトの集客以外での手軽で安価な集客方法をお伝えしたいと思います。

それは、ズバリ自社サイトをワードプレスで作成することです。

そもそもワードプレスって何?と思われるかもしれませんが

簡単にいうとPHP言語で開発された無料のブログソフトです。

レンタルサーバーを用意して、ワードプレスをインストールすれば、すぐにサイトが作成できます。

ワードプレス不動産テーマ「Vente」をインストールすれば、サイトのある程度の構成は約30分で完成します。これを利用して不動産サイトを作成していきます。

下記から設定方法やデータ登録を解説している設定マニュアルPDFを無料でダウンロードできます。

“Vente設定マニュアル” をダウンロード Vente設定マニュアル.pdf – 19 回のダウンロード – 3 MB

サイト作成が初めての方やワードプレスの導入方法がわからない方もご安心ください。
JISAKU-HP公式LINEアカウントのLINEコールで通話・ビデオ通話ができますので、ワードプレスのご相談がございましたら無料で致します。

ワードプレスで不動産サイトを作成するメリット・デメリット

ワードプレスで不動産サイトを作成するメリットは、下記になります。

メリット
  1. ポータルサイトの決まった表示ではなく、見せたいところ、伝えたいことをオリジナルで作成できます
  2. 自社サイトに物件登録をするので、広告費やオプション費用などの支払いはなくサーバー代やドメイン費用で安価です

逆にデメリットは、

デメリット
  1. デザインの為、HTML、CSS等の言語を少しは覚えないといけない
  2. 物件紹介ページやコンテンツを考えて作成するのに手間がかかる

デメリットの1や2はホームページ作成経験がある人は苦にならないと思いますが、経験がなければ少しハードルが高いのではと思われるかも知れません。

私もそうでした。ですが、大丈夫です。

【インストールで簡単です】WordPress不動産テーマ&プラグイン「Vente」

サイト作成が初めての方でも作成しやすいように、物件情報や売却査定プログロム等が利用できるテーマやプラグインをダウンロードできます。他にも不動産コンテンツを随時、追加していき更新する予定です。

また、テーマ「Vente」をベースとしたオリジナルのサイト作成や少しだけカスタマイズのご要望にお応えします。ご要望・お見積りはお問い合わせ下さい。

「Vente」はオリジナルテーマと既存のテーマでお使いいただけるプラグインとがあります。

無料版をご用意していますのでお試しいただいてから、ご購入ください。

物件データの登録方法

物件データはcsv登録ができるのでエクセルを使って入力していき保存したファイルをワードプレス管理画面>Vente設定>csvアップロードでアップロードするだけです。種別毎にcsvファイルを用意していますのでダウンロードしてお使いください。入力が完了したファイルを編集して使う際は、1行目以外、入力している行を全て行ごと削除してください。値だけをBackspaceやDeleteで消しても空のデータが残るので、必ず行ごと削除してください。

登録したデータを編集する際は、phpmyadmin等をつかって編集してください。

タイトルとURLをコピーしました